税理士 海老原先生 相続税対策のプロ の税理士

税理士 海老原健一先生 相続対策のプロ

Clipboard012.jpg
今日は、ジャンヌの秘書が仕事でお世話になっている税理士海老原先生に、お会いするとのことだったので、ジャンヌもお話があり連れってもらった。

海老原先生は、上場会社ハウジングメーカーなど主催のセミナーで相続税対策などを講演し、新聞に載るぐらいの凄い先生。(ジャンヌの秘書も、ファイナンシャルプランナーとして個別相談を海老原先生と一緒にさせて頂いたりしています。)

相続、本人の死亡 ⇒ 忘れては困るのが、飼っているペットの面倒の問題。

本人(高齢者など)と同居している場合はそのまま飼ってもらえるが、地方に親が残っていて子供は東京暮らしでペット不可のところに住んでいる場合、子供が親が可愛がっていたペットを平気で処分してしまったり、ひどいのになると、ベランダから投げ捨てた(殺した)ケースがある。

このような問題、事前に本人に何かがあったら面倒を見る人を指定して、費用は面倒見るてくれる人に死因贈与などしておけばペットたちも処分されないで済む。

これには、一般の人が啓蒙するよりも、税理士の先生が「ペットのことはどうするんですか?」と一言聞いてくれれば、対応策を講じること検討してもらえる。

ジャンヌは、相続対策のクライアントが多い先生にどうしてもお願いしたかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

500先生、DSCF3866

ジャンヌ「先生、相続の相談を受けた時は、ペットの対策はできていますか?って聞いてください。」

海老原先生 「ジャンヌちゃん、僕の立場からそのようなこと切り出せないよ。」

11115Clipboard01.jpg
(泣きながら、訴えるジャンヌ)
ジャンヌ 「命がかかっているのです。助けて下さい。」

そこを何とか お願いします DSCF3860
(泣きながら、頭を下げるジャンヌ)
ジャンヌ 「どうか、先生、お願いいたします。(泣きながら)」

分かったから 頭あげてDSCF3865
海老原先生 「わかったからー、ジャンヌちゃん、泣かないで。頭上げて。わかった。やるよ。」

一応約束してくれたけど、本当にやってくれるかジャンヌは心配。
後は先生を信じるしかない。

税理士・弁護士などの先生方、是非相続の相談を受けた時はペットの指導もお願いいたします。

2014年7月下旬
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク
memechanblog@yahoo.co.jp

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
猫 里親 千葉
認定特定NPO法人 猫達の幸せを守る会
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR