東京都議会議員 山内晃先生とお会いできました。

ロビイスト猫ジャンヌダルクは、東京都都議会議員 山内あきら先生とお会いできました。

500山内先生1


ロビイスト猫ジャンヌは、また凄い人とお会いしちゃった。
猫ジャンヌは、やっぱり運命を背負っている子です。

なんと偶然、東京都都議会議員の山内晃先生とお会いしました。ジャンヌは感激! わーい。
山内あきら先生は、ロビイスト猫ジャンヌダルクがお会いした最初の東京都都議会議員です。(現在2014年8月中旬、猫ジャンヌは計3人の東京都都議会議員の先生方とお会いしております。)

500新聞0387490_convert_20140404120947
(衆議院議員会館に陳情行った日本初のロビイスト猫として毎日新聞社会部全国版で取り上げて頂きました。)

山内あきら先生のHPを拝見すると、先生は子育て支援・高齢者支援を頑張っていらっしゃるとのこと。
山内あきら先生のHPです。:http://www.a-yamauchi.com/#profile


猫ジャンヌダルクは、高齢者の方から「ペット飼いたいけど、こちらの方が先に逝ってしまうかもしれないから、可哀そうで飼えないのよ。」ということ多く聞きます。
もし自分(高齢者)に何かあっても、駆けつけて預かってくれたり永久にそのペットが亡くなるまで面倒を見てくれるペットの老人ホームがあれば、高齢者の方も安心してペット飼い、楽しい豊かな人生が送れます。
今猫ジャンヌは、猫の老人ホームを作れるように頑張っております。

また、ペットを飼いたい高齢者の方々が、引き取り手がいないために殺処分されている子たちを飼っていただけると、それだけで多くの命が救われます。今その仕組みを考えております。行政も応援してください。

500DSCF3352.jpg

先日88歳の元気なおじいちゃんに、散歩中 「可愛い猫だね。」 と歩道橋の上で声をかけて頂きました。
おじいちゃんの家に野良猫さんたちが遊びに来るそうで、その子たちの餌を買いにスパーに行くのが散歩の楽しみ健康の秘訣と、30分も立ち話をしてもぜんぜん元気な、歩道橋の階段だって負担にならない88歳なおじいちゃんでした。
さすが食糧不足の戦時下を生きた抜いたおじいちゃんは、その子たちがおじいちゃんがいないと飢えに苦しむだろうと思うと、その子たちに食べさせてあげおなか一杯になれる幸せを与えてあげるのが使命と感じ、元気が出て生きがいになっているそうです。
「猫から生きがいをもらってます。」と88歳のおじいちゃんはおしゃっていました。

そうです。動物愛護は動物のためのものだけではなく、人間の為でもあります。
山内あきら先生、動物愛護よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お会いした日の出来事。

500DSCF3359.jpg
この日は、猫ジャンヌは飼い主の秘書とお散歩を楽しんでいたら、どこからとなく楽しそうな太鼓の音が聞こえ、音のする方向に行ったら、お祭りでした。

お祭りを見学し帰ろうとしたときに、なんとそこに、衆議院議員石原ひろたか外務大臣政務官がいらっしゃいました。

500石原外務大臣政務官と握手
石原ひろたか外務大臣政務官はお優しく、躊躇していた猫ジャンヌの秘書に「以前どこかでお会いしましね。」と声をかけてくださいました。「はい、2月のブルネイのレセプションでお会いし、モロッコ公使参事官の方とご挨拶させていただきました先日まで外務省(非常勤)おりました者です。」と思い出して頂けたところで、秘書は思いきって「ロビイスト猫ジャンヌダルクとの握手をお願いします。」とお願いし、衆議院議員石原ひろたか外務大臣政務官との握手を実現しました
光栄です。感激です。ありがとうございました

石原ひろたか先生のフェイスブック https://www.facebook.com/ishihara.hirotaka.18

山内先生2
そして、お隣にいらっしゃいました山内晃都議会議員にもお願いしちゃいました。動物好きな山内先生はとてもお優しく、ジャンヌと仲良くお写真を撮ってくださいました。

ロビイスト猫ジャンヌ、頑張ります。
山内あきら先生、動物愛護よろしくお願いいたします

ロビイスト猫ジャンヌダルク

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR