ブラントン 横浜公園 ジャンヌの銅像巡り

ジャンヌの銅像巡り ブラントン 横浜公園
DSC09629.jpg
ジャンヌはこの日、横浜公園にいる建築家リチャード・ブラントンさんの銅像に会いに行いきました。

500DSC09630.jpg
秘書(飼い主)と散歩をしていましたら、ここでもジャンヌは人気者。

11Clipboard01.jpg
猫の散歩は珍しいのかなー。
子猫の時から訓練すれば、猫なりにそんなもんなのかなーと理解します。
現にリードのお散歩、最初は固まってましたが、今はできるようになりました。
いつか動画でお送りいたしますね。

DSC09623.jpg
猫ちゃん2匹かっているというカップルに声を掛けられました。
ジャンヌは元捨て猫です。猫を飼ってくださってありがとうございます。

DSC09627.jpg
猫ちゃん4匹飼っているという親子に出会いました。
4匹というと、きっと捨て猫も入っているかと思います。
外の猫は、病気、飢え、カラスの攻撃、人間の虐待過酷な人生です。
4匹も飼ってくださり、猫ジャンヌは感激です。感謝です。

400DSC09620.jpg
横浜公園には、2つ銅像がありました。
一つがこちら、平和の像です。

ジャンヌが写真を撮る前に、親子で来ていらした方が子供とこの銅像の写真をとってもらっていました。
ジャンヌは、人間の子供がやってもらっていることをしてもらっているんだと感激。ちょっと人間になれたような気がしました。ピノキオが人間になりたがったように、ジャンヌも実はなりたいんです。
だって人間には殺処分・虐待の恐怖なんてないもん。

DSC09622.jpg
その親子が、可愛い猫ですねと声をかけてくださったので、記念撮影をしました。
やはり動物がお好きで、ワンちゃんを飼っているそうです。
お子さんの頃から口がきけない動物と暮らしていると、思いやりの心が育ちますと、ジャンヌの知り合いの勝俣先生の本『こどもペット塾』に書いてあります。

もっと多くの家庭でペットを飼ってくれたら、殺処分問題・動物虐待問題も家族の一員として捉えてもらえるようになるのにな。

2014年6月 ジャンヌの訪問
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク
memechanblog@yahoo.co.jp

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
猫 里親 千葉
認定特定NPO法人 猫達の幸せを守る会
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR