世界の猫グッズ博物館 チリ大使がいらしてくださいました。千葉南房総

世界の猫グッズ博物館 チリ大使がいらしてくださいました。

建物DSCF8105_convert_20140416005040
(チリ共和国トーレンス大使と小林館長)
こちらが皆様に是非行って頂きたい所、千葉県南房総にあります『世界の猫グッズ博物館』。

小林会長とDSCF6293_convert_20140505113352 (3)
こちらは、可愛そうな捨て猫・虐待された猫がやっと安心な場所を手にいれ暮らしている『NPO 猫達の幸せを守る会』がやっています。ここはまさに『猫の孤児院』。
なんとそこに、チリ共和国トーレンス大使がいらして下さいました。

クチンを懐かしむ大使SCF6287_convert_20140505082107
(大使の後ろに移っている写真が、マレーシア・クチン市にある猫の像)
実はこちらの博物館は、マレーシアのクチンにあります市庁舎にある『ねこ博物館』をモデルにしたもの。そこには世界中の猫グッズが収集されています。
マレー語でクチンは猫なので、クチン市にとって猫は市のシンボル、市の中央には猫の像が建っています。
こちらの館長小林さんは、クチンを訪れた時、これが私が作りたいものだと思ったそうです。

質問する大使DSCF6288_convert_20140505105946
トーレンス大使は、以前チリ共和国駐マレーシア大使でいらっしゃいました。クチン市にも何度も訪れたことがあるそうで、猫の像の写真をご覧になり懐かしがっていらっしゃいました。(猫ジャンヌダルクの秘書もクチン市には行きました。)
また、こちら千葉にある『世界の猫グッズ博物館』も、全世界から集まった猫グッズが収集されています。大使も一つ一つ興味深くご覧になっていらっしゃいました。

猫の絵を見る大使DSCF6290_convert_20140505103527
こちらでは、猫グッズの販売もしております。
大使は絵画好きなので、猫の絵をよーくご覧になっておりました。

猫お土産を見る大使DSCF6291_convert_20140505020315
他、たくさんの猫グッズが販売されています。
トーレンス大使もいくつかお土産を買って下さいました。


茶トラを抱く大使ΛDSCF6284_convert_20140505110715
『世界の猫グッズ博物館』は、『猫達の幸せを守る会』がやっているもの。施設に併設されています。この売上はすべて、猫達の食事代・医療費代になります。
是非、『世界の猫グッズ博物館』に来てくださいニャー。


猫に囲まれる大使DSCF6271_convert_20140505090814
猫達遊べる、猫カフェのようなお部屋もあります。

三人でDSCF6295_convert_20140505084237
みなさまも、チリ大使が訪れてくださった『世界の猫グッズ博物館』是非いらしてください。

『世界の猫 グッズ博物館』
HP: http://www.npo-nekonoshiawase.com/gaiyo
〒299-2113 千葉県安房郡鋸南町上佐久間2-2
Tel&Fax 0470-28-4522
アクセス:http://www.npo-nekonoshiawase.com/access

東京からですと、アクアラインを渡り、館山道路経由鋸南富山インターで降りて車で3分。遠い感じがするかもしれませんが、1時間半弱で着きます。近いですよ。ボランティアさんは日帰りも多いです。

皆様、猫達が幸せを続けられるよう、是非この記事の拡散お願いいたします。

2013年12月大使視察

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR