ドクター中松先生 世界の5大発明家 『ドクター中松の天才発明館』

ドクター中松先生 世界の5大発明家 『ドクター中松の天才発明館』
500DSCF1817.jpg
先日、新聞に出たロビイスト猫ジャンヌダルクは、発明王ドクター中松先生のところに、あるペット用品を開発し特許を取ろうと思い、中松先生と花島営業部長代理にご指導を頂きたく訪問しました。
先生はお優しく❤、記念撮影を一緒に撮ってくださいました。

いつも先生は記念撮影の際に、「ドクターナカマツー(2)」と手をピースサインするようにおっしゃるのですが、ジャンヌにも「ナカマツーだからね。」とおっしゃられ、ちょっと戸惑いました。
でも見て!感激写真です。世界の5大発明家と記念写真を撮っていただいた猫はジャンヌが初めでだもん。
ジャンヌも天才発明猫になれるかしら??
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジャンヌは、先生の発明の宝庫、『ドクター中松の天才発明館』を見学させて頂きました。

DSCF9047.jpg
わー凄い。ドクター中松邸がある世田谷では、道までドクター中松通りになっていました。

DSCF9045.jpg
建物の入り口をはいるとすぐ『ドクター中松の天才発明館』がありました。

DSCF9043.jpg
英語でいえば、『ドクター中松ライブラリー』です。

DSCF9041.jpg
ライブラリーの扉を開けると、びっくり、等身大のドクター中松がお出迎えしてくれます。
この等身大写真も、ライブラリーの中にあるだけあって、何かが発明です。
花島営業部長によると、この指に刺されると正面からだけでなく右から左から見ても指が刺しているように見えるのです。左から、この等身大写真の前を横切ると、ずっーと指差されている感じがしするのが、ポイント。イベント会場などに置くと多くの人が「びっくりした!」と驚かれ好評らしいです。いたずら心あり、楽しいですね。

DSCF9042.jpg
沢山の展示品。先生、何個発明したのですか?と伺いたくなるほど。
数えきれないほどの先生の色々な発明品が展示されていました。

DSCF9031.jpg
『フロッピーディスク』。凄いものを発明されていたのですね。

DSCF9032.jpg
「歴史上の五大科学者にアルキメデス、マリー・キュリー、ファラデー、テスラ、中松先生の5人」が選ばれたそうです。
凄いですね。ジャンヌは一緒に写真を撮って頂いて光栄です。

DSCF9035.jpg
こちらも凄いです。

300DSCF9033.jpg
これは誰もが、一度は使ったことがあるもの。『醤油ちゅるちゅる』というそうです。
中松先生は、お母様が重そうに醤油瓶を移し替える姿を見て、お母様に楽をさせてあげようと、こちらの発明に至ったそうです。お母様思いで、ジャンヌちょっと、感動の涙。

500DSCF9028.jpg
アメリカでは、先生はとても有名らしく、「ドクター中松名誉市民都市」
ドクター中松デー制定都市」まであるそうです。
日本では知られていない、アメリカでの先生への評価は凄いのだと改めて驚く。
と、『ドクター中松の天才発明館』は素晴らしところでした。ニャー。

500DSCF1815.jpg
猫ジャンヌダルクは、「ドクターナカマツー(2)」ができなかったので、秘書に代わりにやってもらいました。(指に注目、ツーです。)秘書も光栄と喜んでおりました。
今ジャンヌと秘書は、すごい画期的な猫のトイレを開発しようとがんばっております。猫ジャンヌがいろいろと試したりして、二人の共同作品なの。乞ご期待よ❤。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

さて、ジャンヌからニュースがあります。

『世界天才会議』のお知らせ

2014年7月26&27日に、ドクター中松先生主催の『世界天才会議』が、新宿西口広場イベントコーナーで開催されます。
是非みなさんもいらして下さいね。

http://dr-nakamats.com/genius/

第23回世界天才会議開会式 (動画)
https://www.youtube.com/watch?v=3gIwzUIy1Ro

500ドクター中松先生 
本当に先生は凄い方なのだニャー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
猫 里親 千葉
認定特定NPO法人 猫達の幸せを守る会
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR