猫達の幸せを守る会 チリ大使が視察にいらして下さいました

猫達の幸せを守る会 チリ大使が視察にいらして下さいました。
建物DSCF8105_convert_20140416005040 
実は、是非皆様に行って頂きたい所があります。
千葉県南房総に、保護猫たちが暮らす家『猫達の幸せを守る会』がある。なんと猫130匹犬10匹が暮らしている。皆捨てられた子、虐待され怪我して保護された子など不幸な子たちばかり。
しかし、今は幸せに暮らしている。飢えと恐怖がない、やっと落ち着いて生活できるところにたどり着け幸せに暮らしている。

小林会長とDSCF6277_convert_20140505084739
(猫達の幸せを守る会 小林幸子会長と)
そこに、今回チリ共和国駐日トーレンス大使が視察に来て下さった。
大使は、動物好き。犬を飼っていらしたそうです。でも猫には特別の、感謝のような気持ちがあるそうです。


茶トラを抱く大使ΛDSCF6284_convert_20140505110715
(茶トラをだっこしてくださる大使)
トーレンス大使のお父様は、弁護士&詩人で猫についての詩集も出版されているそうです。お父様はリタイア後大勢の猫と暮らしていたそうで、猫を見るたびにお父様のことを思い出すそうです。お父様は猫と暮らしてとても幸せそうだったそうです。

猫の説明を聞く大使DSCF6293_convert_20140505113352 (2)
(猫の説明を聞いてくださる大使)
千葉の南房総では、海岸に不良が集まって猫をいじめていたりするそうです。このようなことを防止すには、警察が動き取り締まりをするしかないのですが、実際にはなかなか警察は動いてくれないそうです。また虐待防止・捨て猫防止には、やはり避妊・去勢をし、飼えないような子は産ませない。いなければいじめられなくて済みます。処分されなくて済みます。
あやす大使DSCF6281_convert_20140505015721
(猫をあやしてくださる大使)
大使は、猫達の過酷な現状の説明を本当に興味深くい聞いてくださいました。
かわいそうだと、小さな命が幸せになれたらいいですね。と優しい言葉をくださいました。

猫に囲まれる大使DSCF6271_convert_20140505090814
(猫達とコミュニケションをはかる大使)
こちらは、ねこカフェスタイルで、猫が自由に動きまわって、お客さまは猫たちと一緒に遊んだり、のんびり過ごせます。
大使の膝にも、甘えん坊の猫ちゃんが乗ってきました。大使はとても嬉しそうです。

ベソスDSCF6280_convert_20140505103329
(猫に投げキッス!)
やはり、南米、可愛いものには、つい投げキスが出てきます。
猫のこと、本当にお好きなんですね。

三人でDSCF6295_convert_20140505084237
チリ大使が視察に来て下さったこちらの『猫達の幸せを守る会』に是非遊びにいらしてください。猫カフェの感覚で気軽にお立ち寄りください。
また、中には、喫茶店もあり猫談義ができ楽しいですよ。

南房総は、遠いイメージですが、今はアクアライン・館山ラインと一般道を通ることなく行けますので、時間は1時間ちょっとで都心から行けます。
また『猫達の幸せを守る会』『世界の猫グッズ博物館』は、高速を降りてすぐのところにあるので、本当に来易いです。
是非遊びに来てください。



http://www.npo-nekonoshiawase.com/

所在地
〒299-2113 千葉県安房郡鋸南町上佐久間2-2
TEL&FAX 0470-28-4522

開館時間
世界の猫グッズ博物館・喫茶またたび・にゃんこ文庫 10:00 ~ 17:00
猫2(にゃんにゃん)パラダイス 11:00 ~ 17:00

定休日
毎週水曜日、1月1日 10:00~13:00 ただし、以下の場合は開館
・国民の休日にあたる水曜日
・ゴールデンウィーク中、学校の春休み、夏休み、冬休み中の水曜日

駐車場
無料
大型バス2台、乗用車20台


2013年12月大使視察


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク
memechanblog@yahoo.co.jp

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
猫 里親 千葉
認定特定NPO法人 猫達の幸せを守る会
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR