福田富一知事 再選おめでとうございます。猫ジャンヌダルクより

福田富一知事 再選おめでとうございます。猫ジャンヌダルクより
栃木県福田知事と猫ジャンヌダルク 
福田知事は、わんちゃんの飼い主さんです。
とてもワンちゃんを可愛がっていらっしゃいます。



動物の問題は地方公共団体の長がご理解がないと進みません。
猫ジャンヌ、再選されたニュースを聞いて、ほっとしました。嬉しかったです。
ペットを飼ったことがない人は、動物に感情や知恵があることを知らずただ生きている思っているらしく、殺処分の問題など無関心です。でも動物と暮らしている方はそのような状況のときに人間と同じく自分が置かれた状況を理解し恐怖を感じることはご存じです。

今回の選挙の記事により、福田知事の素晴らしいお人柄を感じられる記事を発見しました。
http://topic-station.com/hukudatomikazu/

以下、その記事の抜粋です・

『まずは簡単にプロフィールを紹介します。
•名前:福田富一(ふくだとみかず)
•生年月日:昭和28年(1953)5月21日
•出身:栃木県の今市市(現在の日光市)
•学歴:今市市立猪倉小学校→今市市立大沢中学校→宇都宮工業高校→日本大学理工学部
•身長体重: 180cm、78kg
•血液型:O型
•趣味: ハイキング
•家族: 妻、息子さんが2人、娘さんが1人

 福田知事は昭和28年5月21日に、栃木県の今市市(現在の日光市)で農家の長男として生まれ、自然いっぱいの環境で育ちました。小学生のころは体が弱くて入院することが多かったんですが、中学と高校ではバスケットボール部のキャプテンとして県大会優勝を目指して昼夜練習に励んでいたそうです。

そして宇都宮工業高校を卒業した後、栃木県庁に就職しました。

福田知事は最初から政治家を目指していたわけではありませんでした。当初の夢は建築家になることだったんです。実はそのために福田知事は、県の職員として勤務する傍らで日本大学理工学部に夜間に通い、建築学を修了して卒業しています。

凄い努力家ですね。東京にある日本大学まで電車で通っていたので毎日往復5時間半以上は電車の中だったそうです。卒業までの4年間1度も休まなかったそうですよ!

福田知事が栃木県の職員となったのは、通っていた高校の先生が『県庁で建築の技師を募集している』と教えてくれたからだそうです。

でもそんな彼の気持ちには徐々に変化が訪れます。

彼は栃木県の職員として県庁に勤務する間にいろんな人に出会いました。その中でも一番驚いたのは、権力をふりかざす政治家たちとの出会いだったそうです。普段生活していたら目にすることのない政治の世界の実態を知ることで、『自分が変えていきたい』と思うようになったそうです。
そんな思いが募り、福田知事は栃木県庁に9年間勤めたあと、1981年に退職しました。

まずは市会議員選挙に出馬して当選することが目標です。それには2年間の活動期間が義務付けられています。

福田知事はご両親の反対を押し切って家を飛び出してからの2年間、選挙のためだけの行動をしました。

まずは生活費や活動費を稼がないといけないので、設計事務所(2級建築士)と行政書士事務所を開設しました。もちろん同時に後援会活動をはじめました。

さらに福田知事は、結婚してないと社会的信用が得られないと考えて、栃木県庁を退職した直後の2ヶ月間で5人の女性とお見合いをして、結婚して家庭を築きました。

この県庁退職後の福田知事の行動が凄いですね!本気度が伝わってきます。そうとうな努力をされたんですね。

そして彼はめでたく、29歳で宇都宮市議会議員に当選します。さらに37歳で県議会議員にトップ当選して、宇都宮市長になり、2004年に栃木県知事に就任しました。それから現在に至るまで3期連続で、4期目も確実と言われています。』


とどうです、サラブレット知事が多い中、農家のご出身です。 頑張れば夢は叶う、何にだってなれるというのを立証して、県民に希望を与えてくれる知事ですね。


以下知事の公約です。素晴らしいですね。

http://www.tomikazu.com/manifesto_16_1.shtml

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク
memechanblog@yahoo.co.jp

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
猫 里親 千葉
認定特定NPO法人 猫達の幸せを守る会
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR