日本初のロビイスト猫・ジャンヌダルク

先日3月19日の毎日新聞朝刊、全国紙社会部「雑記帳」に動物たちの命を救う運命を背負った猫ジャンヌダルクちゃんの記事がでました。
譁ー閨・387490_convert_20140404120947_convert_20140404122057
猫のジャンヌダルクちゃんが、なんと国会と議員会館に行って、動物の過酷な環境を改善する要求する嘆願書を持って、二人の国会議員(自民党動物議員連盟・元外務副大臣逢沢一郎衆議院議員、猫駅長たま選挙区・阪口直人衆議院議員)にお渡し、握手して来ました。
日本初の国会・議員会館に入った『ロビイスト猫』となりました。

現在処分されている動物は16万超。これらは、放し飼いしている飼い主による徹底した去勢、エサやりしている人になついている野良猫の去勢の補助金を多くすることよって罪のない子が処分されることは未然に防げる。白書への明記、法律の改正が必要です。

みんなで偵€€DSCF7237_convert_20140404045238
(動物も含めた世界平和を願って、皆でジャンヌちゃんと握手。 応援に来てくれた外務省萩野敦様撮影)
和歌山県には、日本で有名な駅長猫たま駅長がいる。多くの国会議員に会いたかったジャンヌは先ず、たま駅長の選挙区の阪口直人衆議院議員に訪問をお願いした。猫が議員会館に行くなんて前代未聞だが、、国連からボスニアの選挙監視団・モザンピークに派遣され駐在していたボランティア精神の志しをお持ちの阪口議員は快く引き受けてくださった。

逢沢先生・S0287278_convert_20140319001701_convert_20140404043836
(逢沢一郎先生との握手、ジャンヌの国会議員訪問握手、第1号は逢沢一郎先生)
せっかく議員会館に行くのなら、自民党動物愛護議員連盟で犬を飼っていらっしゃる元外務副大臣逢沢一郎議員にもおそるおそるお願いした。逢沢一家の犬は、ペットショップで売れ残っていたのを見てもし自分が買ってあげないと処分されてしまうと思ったお嬢様が買ってきた犬。売れ残りの犬を、命を救いたいだけにわざわざ買って飼うなんて逢沢一家は心優しい一家なのです。

撮影S0267275_convert_20140404044600
「ジャンヌはロビー猫として頑張ります。よろしくお願いいたします」と逢沢先生にお願いしましたらと国会にいらっしゃいとおしゃって下さいました。えっ、猫を国会に入れてくれるの?流石、逢沢先生ならでは。以前他の国会議員から聞いた話だが、逢沢先生の出身地岡山県の若いゴスペル歌手グループが国会に逢沢先生を訪ねて行ったとき、せっかくだからと他の議員たちを呼んでその場でミニコンサートを開いてくれたそうです。この話本当だったのですね。

ジャンヌは感激です❤ 猫なのに国会に入れてくれるなんて。世界で初めてです。逢沢先生って本当に親分肌。
それに、逢沢先生は自民党動物議員連盟の議員でもあります。今回の訪問はとても意味深いのです。

アルジェリア大使S0177262_convert_20140404045113
(アルジェリア・ケトランジ大使 以前猫を飼っていた猫好き。猫は神秘的で魅力だそうです。)

しかし国会、猫のジャンヌダルクだけで行くのも心細い。
内線などで友人・親戚を失った悲惨な歴史的経験をお持ちで、これ以上動物であっても罪もないのに殺されるのは心が痛むとおしゃっている大使たちにご連絡をすると、3人の大使(アルジェリア大使・コソボ大使・ナイジェリア大使代理)が駆けつけてくださった。やはり皆さま、罪のない動物の命を奪うことはかわいそうと思っていらっしゃるようです。
(コソボの大使は用事があり、すぐに帰ってしまったので写真はありません。) 

ナイジェリア大使代理S0327286_convert_20140404044759
(ナイジェリア・オガ大使代理 オガ大使は犬の方がお好きとおしゃりながらもお優しく握手。)

伺ってみると、国会議員・知事・市長は、意外と動物を飼っている方が多いのです。皆さんが関心さえもって下されば罪のない小さな命は救えます。

これからジャンヌダルクちゃんは、この動物たちの不幸な現状を皆さんに知ってもらうため(行政で殺処分されていることを知らない人が多い)、ロビー活動を続け、最後には「ロビイスト猫ジャンヌダルクが会った著名人たち」という本を出版したい。ジャンヌとの握手の写真とその方の動物との思い出などを語ってもらう本です。その本の売り上げで小さかもしれないけど、猫の孤児院を作りたい。
処分されている大半は赤ちゃん猫。もしあと1か月だけ生き延びられれば、離乳もでき里親会に出せるので、飼い主さんを探してあげることもできる。特に仔猫の場合だと里親も見つかり易く、幸せになれる可能性が高いと東京都の動物行政の課長さんはおしゃっていた。しかし3時間おきにミルクあげないといけない赤ちゃん猫は、愛護センターでは面倒を見れないのでその場で処分されます。
里親ボランティアに引き渡せるぐらいまで育ててあげられる孤児院があれば、多くの赤ちゃん猫の命が救えます。

猫が動いて、猫が猫のために孤児院をつくる。
猫のマザーテレサを目指して、ロビイスト猫ジャンヌダルクは頑張ります。挑戦します。


是非応援よろしくお願いいたします。

ジャンヌダルクの秘書
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前略、
先ほど2014.7.8.お昼頃、目黒川の前でお散歩中のネコさんにびっくり、
お声がけをしました者です。
私は学研の社員でして写真センターに勤務しております、
猫雑誌「うちの猫のキモチがわかる本」なども刊行しておりますので
ご縁がございましたらよろしくお願いいたします、
しかし、お散歩のできるおりこうネコさんですね、
ではまた、

Re: No title

リードでのお散歩、お褒め頂きありがとうございます。
まだまだ練習中です。
ジャンヌは、何とか今の動物の現状を変えようと頑張っております。
よろしくお願いいたします。

ロビイスト猫ジャンヌダルク
カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR