東京都都議会議員 高倉良生先生 猫の虐待のために有難うございます。

500 東京都議会議員 高倉良生先生 2
涙の感動。東京都議会議員 高倉良生先生に本当にありがとうございます。
私猫ジャンヌダルク、猫代表しまして御礼を申し上げます。


高倉先生は今回の猫連続虐待・惨殺事件のために動いて下さっていました。

以前お会いした時(お写真の時)も、先生は猫のことを真剣に考えて下さっていて「譲渡会が建物の中でも出来るはずだと思い私は見学に行きました。出来ますよ。」と冬の譲渡会が動物たちに負担がかかるのをよくご理解してくださっている先生だと感激しました。

500 新聞記事 猫の連続虐待事件 S0551037
今日先生のHPを開いたら、なんと 猫の虐待事件の為に動いてくださっていたのです。

先日千十警察署の方とお話をしたら、「今回の猫虐待事件は警視庁で人間の殺人事件と同じ扱いになっているから捕まるかもしれないよ。」と言われたのは、陰で高倉先生のような方達が動いてくださっていたからなんですね。

高倉先生、公明党の先生方、本当に有難うございます。
猫ジャンヌダルク、猫を代表いたしまして御礼を申し上げます。


以下先生のページからのコピーです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

500 IMG_1910[1]
都内で猫の虐待死が頻発していることを重く見て、都議会公明党の「動物との共生を進めるプロジェクトチーム」は14日午後、対応を求める都知事宛の要望書を梶原・福祉保健局長に手渡しました。
猫の体を切断するなどの残忍な手口による猫の死骸が、都内において相次いで発見されており、地域に不安が広がっています。板橋区・北区・足立区・葛飾区・江戸川区・練馬区・中野区・豊島区・品川区・江戸川区・三鷹市など、発見は広域にわたっており、適切な対応が必要です。
以下、この記事がある先生の公式HPです。

猫の惨殺事件 解決のための要望書 手渡し 高倉先生HP
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR