猫ジャンヌが尊敬する人 ゾマホン大使 ジャンヌの夢

猫ジャンヌが尊敬する人 ゾマホン大使 ジャンヌの夢
ゾマホン大使とジャンヌの入魂写真 S0981119 500
(猫ジャンヌ入魂写真でのご挨拶です。)
こちらの方は、ゾマホン大使さまです。猫ジャンヌが最も尊敬する駐日大使。
ご記憶にある方も多いはず、そうです元タレント、たけし軍団のゾマホンさんです。今は、さんではダメです大使様ですから。

大使館入口 S0971118
(ベナン共和国大使館入口)
そうです、一国を代表する駐日大使でいらっつしゃいます。
アフリカのベナン共和国の大使、ゾマホン大使さまです。

なぜ、猫ジャンヌがゾマホン大使のことを尊敬するかというと、大使は以前タレント時代にその人気で自国に小学校を作って自国に貢献された方。
ジャンヌは、実は生後2週間(240g)で捨てられていました。もし、動物愛護センター(保健所)に連れて行かれたら、3時間ごとにミルクをあげないといけない仔猫は即処分されるので、殺されていた。
だから、ジャンヌは、里親会に出られるまで育ててあげられる「赤ちゃん猫の孤児院」を作りたいの。(皆さんもジャンヌの夢にご協力いただけると嬉しいな。)
ゾマホン大使のように、人気者になって殺されてゆく赤ちゃん猫を救う為に建設費用を集めるんだ。頑張るぞー。これがジャンヌの夢なの。


500姫井由美子先生DSCF3818
今回は、秘書の猫友である元国会議員の姫井由美子先生が、秘書が何度かお会いしたことがあるゾマホン大使を訪問するとのことで誘って下さった。 猫ジャンヌは遠隔地から気を飛ばしゾマホン大使とは入魂写真でご挨拶をさせて頂きました。 
(姫井先生たら、あらジャンヌちゃんは?なんておしゃるの。 国会議事堂に入った猫ですが、まだ大使館は入ったことがなかったので今回は遠慮いたしました。)

姫井先生は猫ちゃんの飼い主・猫好きです。またジャンヌの秘書と旅行中レンタカーのボンネットに入り込んだ仔猫を猫ジャンヌの秘書と一緒に二人で油まみれ汗まみれになりながら助けてくれたそうだ。姫井先生ってとってもお優しいいですね。


社会貢献派のゾマホン大使と猫好きの姫井由美子先生です。
動物愛護、よろしくお願いいたします。

姫井由美子先生、ご協力有難うございました。また政治家著名人の写真が増えました。

猫ジャンヌ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR