勝俣 和悦先生 『こどもペット塾』著者 ペット総合コンサルタント

勝俣 和悦先生 『こどもペット塾』著者 ペット総合コンサルタント
握手0028554_convert_20140428042835
(感謝を込めて、握手)
ジャンヌが拾われたとき、それは9月15日、まだまだ暑い日でした。目も見ええいない赤ちゃん猫を拾って動揺した秘書は、まず勝俣先生に電話した。気温が暑い9月だったのでジャンヌの秘書(飼い主)は保温のことをすっかり忘れていたが、勝俣先生は、まず保温と教えてくださった。

仔猫IMG_0490_convert_20140428045149
(ジャンヌが赤ちゃんだったときの写真)
そう、なぜ猫は一度に5匹ぐらい生まれるか?親がえさを捕りに行っている間でも兄弟同士お互いに保温ができるよう多数で生まれてくるのです。生まれたときは産毛しか生えていないのでとても寒いのです。人間だって夏でも裸ならすぐ風邪をひくでしょ。
だから、勝俣先生は、ジャンヌの命の恩人なのです。
ジャンヌは感謝を込めて、握手しました。

それなあに0018553_convert_20140428041700
勝俣先生の手に、なにやら本があります。
ジャンヌ「先生、これって何の本?」

表紙S0178577_convert_20140428045525
勝俣先生「僕が書いた本。こども向けの、ペット飼い方の本、親子で読んでもらいたい本だね。」
ジャンヌ「見せて、見せて。ジャンヌにも見せて。」

中S0018605_convert_20140428041412
ジャンヌ「ジャンヌ、このページがいい、最高。私たちの口は人間の口のように自由に音を作れない口の形の構造なの。だから私たちが何を伝えたいか、ちょっとした鳴き声の違いで理解してほしい。嬉しい~❤」

ジャンヌが気に入ったページのご紹介
勝俣先生の「ペット語じてんを作ってみよう」
動物はお話しできないけれど、毎日一緒にいると、少しずつ気持ちがわかってくる。耳、目、口、ひげ、尻尾、身体全部で気持ちを伝える。今どんな気持ちかな。ノートに書いたら自分だけのペット語辞典が出来上がり。

よろしく0118569_convert_20140428044349
(ジャンヌも、推薦します。是非読んでください。よろしくお願いいたします。)
ジャンヌ「これって、素晴らしいわ。子供だけでなく大人にも勧めて。もっと私たちのこと理解して欲しいの」

勝俣先生「そうだね。大人でも飼っている動物のこと全然理解していない人が多いね。以前僕は、『となりの「愛犬バカ」』というバカ飼い主のことを書いた本があるよ。」

ジャンヌ「勝俣先生は、本当に動物の味方。この本は子供はもちろん、大人でも楽しめるのでお勧めです。特に『自分のペット語辞典』作成は、思いやりの心を育てるのにとてもいいです。うちの秘書にも、『自分のペット語辞典』、「ジャンヌ語辞典」作ってもらわなくちゃ。」





さて、勝俣先生からお知らせがあります。


第15回ペット新産業人会議 in 帯広スペシャルセミナーを開催致します!!
スケジュールは以下の通りです。
6月23日月曜日、24日火曜日、25日水曜日の2泊3日を予定しております!
6月の北海道は一番良い季節ですのでそれを満喫しましょう!また私の母校帯広畜産大学視察ツアーを学長自ら張り切ってペット業界との交流を待ち受けてくださる予定です!大学の隣は銀の匙のモデル帯広農業高校があり、大学も牛200頭以上、馬、ヤギ、羊その他いろいろな動物がいます!家畜病院、世界で
も稀な原虫研究センターや最先端施設を視察出来る予定です!素晴らしい環境の国立大学唯一の獣医、畜産専門学校です!前後で帯広動物園や花畑牧場、紫竹ガーデンなど視察したり最高に美味し豚丼やをご案内したいと思います!大満足間違いないですよ!
羽田から帯広まて1時間半のフライトです!また、札幌から特急スーパー十勝、特急大空で2時間半です!大自然で産学共同ペットセミナー、交流会に参加しましょう!現地ではレンタカー、マイクロバス、参加人数によりバスの手配しますよ!
本当に素晴らしいですよ!特に温泉は世界でも珍しい十勝川温泉モール湯です!命の洗濯しましょう!学んで、遊んで、楽しんで!
第15回ペット新産業人会議イン帯広!参加お待ちしております!費用負担金はもうすぐわかります!お待ちください!感謝!

何でもお問い合わせして下さいね!
勝俣携帯電話は080ー1203ー0448です!お話しいたしましょう!お気楽にご連絡下さい!
お待ちしております!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク
memechanblog@yahoo.co.jp

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
猫 里親 千葉
認定特定NPO法人 猫達の幸せを守る会
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR