レストランは、基本的に屋内でも動物はOK。 都庁で確認済み。

レストランは、基本的に屋内でも動物はOK。 都庁福祉保健局で確認済み。

都庁全体DSCF3032
ジャンヌは、「猫好きになってもらう会」の会長猫でもあり、ペット可レストランの普及を頑張っている。
でも、以前は、テラス席にしか遠慮して入らなかった。というよりテラス席しか許されないと思った。
そこで、都庁ではどのように指導をしているかお伺いした。

ほんとうは大丈夫なのよ。DSCF3772
(「本当は中でも大丈夫なのよ。」)
「行政では、厨房は動物の出入りを禁止しているが、お客が座るスペースについては、お店側の判断に任せる。」とのことでした。
なんだ、ダメじゃなかったのか、安心した。
じゃあ、中にも入れるのね。(オーナーの許可があれば)


400mac.jpg
猫ジャンヌは、自分で褒めるのもなんですが、とても外ではとてもいい子、バックの中にちゃんといい子にしていられる。
お行儀のわるい子供もより静かよ。
マナーもちゃんとできています。

ジャンヌアップ 赤坂ピースワンコ350
皆様にお伝えいたします。
行政の指導では、レストラン・食堂で動物が入ることは一切禁止していません。
私たちも入って大丈夫です。第一歩です。

すでに、何軒かのお店ではジャンヌは店の中に入れてもらっています。
でも、多くのレストランのオーナー(特に昔からのお店)は、頭から行政の指導で動物はダメと思っています。本当は大丈夫なんですよ。

是非このことを、行きつけのお店のオーナーさんにお伝え頂き、ペット可レストランの普及をよろしくお願いいたします。

都庁へ勝俣先生と訪問
2014年7月訪問

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク
memechanblog@yahoo.co.jp

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
猫 里親 千葉
認定特定NPO法人 猫達の幸せを守る会
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR