希望拓志塾 希望日本投票者の会 たった30名の一期生です。

希望拓志塾 希望日本投票者の会 たった30名の一期生です。
神社の前で

シダックスの志太勤会長が、人生をかけてがんばってくださっている会、『希望日本投票者の会』の『希望拓志塾 第一期生たった30名』に合格し、10月から入学し10月31日締切の第一回レポートを無事提出することが出来ました。(ほっとしました。)

(そのようなこともあり、ブログで載せさて頂きますとお約束をし、お写真を撮って頂いたにも拘わらず、掲載が遅れ大変申し訳ございません。)

00000000.jpg

この『希望拓志塾』でなんとか勉強をさせて頂き、動物の命を救う法案に結びつけられればと思っております。志太勤代表、中川秀直顧問、希望大学川上和久学長も、この問題はなんとかしなければと、おしゃってくださっています。
猫ジャンヌはとても心強いです。
ジャンヌも議員会館か走り回ります。是非、動物を救う立法よろしくお願いいたします。

なんと、希望日本投票者の会の賛同国会議員の数は、現在158名(10月28日現在)。
議員立法も夢じゃない。すごい希望に満ち溢れている会です。

希望日本投票者の会のHPです。

賛同議員 

賛同議員その2


語りかけるジャンヌ

ロビイスト猫ジャンヌは国会議員24名(現役17名)とご挨拶をさせて頂いております。

希望日本投票者の会、希望拓志塾の皆様よろしくお願いいたします。

ロビイスト猫ジャンヌダルクと秘書
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR