日本獣医師会顧問北村直人先生、ボランティア団体の方たちと訪問

日本獣医師会顧問.・日本獣医師政治連盟委員長 北村直人先生をボランティア団体たちと一緒に訪問しました。 
4つの大きなボランティア団体の声を、日本獣医師会にお届けすることができました。
これぞ、ロビイストです。
ロビイスト猫ジャンヌ夢が叶いました。(涙です。)


北村直人先生とジャンヌ2
日本獣医師会顧問・日本獣医師政治連盟委員長 北村直人先生  です。

今回お伺いした日本獣医師会顧問・日本獣医師政治連盟委員長の北村直人先生は、なんと元国会議員の先生をされていました。しかも6期20年以上に渡りご活躍をされ、農林水産副大臣をされた凄い大物です。
しかも、私たち動物とっては恩人の、動物愛護法成立にご尽力くださった先生です。(凄い、猫ジャンヌはペット法成立が夢です。)
北村先生は、北海道育ちで動物と一緒にお育ちになり、動物が大好きだそうで、私たち動物の味方です。
http://nichiju.lin.gr.jp/mag/05908/06_5a.htm

その北村先生をお訪ねして、東京青山にあります日本獣医師会に4つの大きなボランティア団体さんと行って参りました。


350ジャンヌ地下鉄赤坂で

ロビイストとは、意見を政治に反映させるために政党や議員、マスコミ、更には世論などに働きかける専門家のことで、アメリカで普及している職業です。

ロビイスト猫の私にとっては、猫たちの声、動物たちの声、ボランティアの声、飼い主の声を、決定権のある政治家等にお届けし、なんとかこの動物にとって不幸な環境を改善してもらうことが使命です。
今回凄いボランティア団体の長達の声を日本獣医師会にお届けできました。(涙、やりました。)

500記念撮影アップ

何年もの間猫達を救って下さって苦労されているボランティアの方たちに青山までお越し頂きと小川大使と一緒に日本獣医師会をお伺いしました。
今回一緒に行ってくださったボランティアの長は、ボランティア団体では有名な方たち。毎日毎日猫の為に寝る暇なく動いてくださっている。そんな忙しい方々が、日々困っている点で獣医師会のご協力を頂きたく足を運んでくださった。

小川大使 鶴田さん 大沢さん500 DSCF2859

NPO 動物愛護を考える茨城県ネットワーク http://www.capinew.jp/

代表 鶴田 真子美様は、シェルターをお持ちで、福島県の被災動物を保護し、ご自宅とシェルターで合わせて200匹近くの猫犬の保護をしてくださっています。

また鶴田様の旦那様は動物愛護家弁護士で先日長野で起きた川に猫を沈め殺した犯人に思い刑罰を課すように行政に働きかけてくださた方、家族揃っての動物愛護家。

鶴田様はボランティア団体100団体以上をまとめている『全国動物ネットワーク』 http://animalnetwork.jimdo.com/の代表でもあり、6月に衆議院会館の中で開かれた『ペット塾院内セミナー』でもパネリストとして中心となっている凄い人物。
動物愛護法の改正の時は、かなり議員会館を回ったそうです。今度猫ジャンヌに議員会館に一緒に行きましょうと声をかけてくださって、次期愛護法改正に向けてすでに考えていらっしゃる頼もしい方。
この日も、動物たちの世話をしてから茨城からわざわざ東京まで来て下さいました。

会談 DSCF2855

澁谷ねこのわ http://shibuyanekonowa.com/
代表大沢珠巳様  副代表井上禮子様
渋谷区では、飼い主のいない猫(野良猫)に対して、助成金を出しているが、渋谷区では、2団体しか窓口にしていない。その一つこの『渋谷 ねこのわ』です。TNR活動と里親探しを中心に、バザーで資金活動しながらガンバて下さってる団体です。今まで凄い数のTNRを施し何匹の不幸な子たちを作らず済んだかわかりません。感謝ですニャー。
TNR活動を獣医さんと連携して活動できるよう、もっとTNR活動を日本獣医師会で支援してもらえないか提案しに来てくださった。


小川大使 鶴田さん 大沢さん 佐藤さん DSCF2860 

一般社団法人RJAV(アールジャヴ)被災動物ネットワーク
代表理事 佐藤厚子様 http://rjav311.info/
阪神大震災から保護活動をし、東北でもご活躍し多くの動物をレスキューしている団体。
シェルターがあり、今猫犬90匹近くを保護している。
その中には先日テレビで取り上げられた富士山迷い犬の富士男がいた。佐藤理事は、助けて救助を求められると動物の命だからと言って断れない優しい人。テレビ(下の動画)には出ていませんが、彼女自身がなんと人生初めての登山で寒くて震えながら富士山に登り迷い犬富士夫君を助けたそうです。
ワイドショー(富士山迷い犬富士夫くん) http://www.youtube.com/watch?v=ImYBjuSj814&feature=youtu.be&a
この日も、前日4匹の100gの仔猫の遺棄事件があり、保護した仔猫のミルクあげを旦那さんに任せて不安のところ来て下さいました。

全体会談satosann

国立市、有名TNRボランティアOさん
彼女も何年も一日中仕事以外の時間帯は猫の為に活動している凄い方。Oさん国立のボランティア団体のご活躍により、国立市では殺処分件数がゼロになった。ボランティアさんと行政と地元獣医師が一緒に取組んだ結果だそうだ。Oさんがおっしゃるには、東京の郊外で成功したのだからどの都市にも希望があるとのことです。このノウハウを地域猫活動が未成熟な地域には普及できるとのことでした。

500小林会長とトーレンス大使DSCF6277
(写真は、小林幸子理事長と駐日チリ大使)

NPO法人猫達の幸せを守る会 http://www.npo-nekonoshiawase.com/
千葉の南房総にある団体。シェルターがあり捨て猫中心に保護里親探しをしている。またもらわれなかった子は孤児院の子供のようにここで暮らしている。現在160匹の猫と犬が暮らしている。千葉県では房総では、猫の放し飼いが多く生まれたすぐ捨てるという人が多く。何匹もの猫が運び込まれています。不良たちが集まって虐待を楽しんだりするので火傷をさせられていたりとひどい状況で運びこまれます。そんな可愛そうな子たちを屋根のあるお家で守ってあげようと始めたのが理事小林幸子様。ジャンヌの秘書が小林理事の代理でお話をさせて頂きました。
また、駐日大使のチリ大使トーレンス大使が先日現地まで視察にお越し下さいました。

北村先生抱っこ
猫ジャンヌからは、ペットを代表して、先日入れたマイクロチップについて不安な点があったのでお伝えしました。
せっかくi痛い思いをして入れたマイクロチップなのに、リーダー機が町の交番にないことから迷子探しの機能をしていないので、全面的に日本獣医師会に協力して頂き、すでにマイクロチップリーダー機がある町の動物病院で、迷子の動物を拾った人が連れて行ったときに無料で飼い主チェックをしてもらえ、見つけ出してもらえるような体制を整えて欲しいと、猫として不安なのでお願いしました。
私たちは、口がきけないのです。おまわりさんに「お名前は?ママは誰?住所は?」と聞かれても、言いたくても伝えられません。交番の近くの動物病院で読んでもらえると助かります。
マイクロチップが頼りなのです。よろしくお願いいたします。
また、早く交番に備え付けてもらえるようお願いいたします。

500北村先生 小川大使 DSCF2861

飼い主のいない猫の幸せを守ることに対してのご協力を検討していただけるとのことで、北村先生は約3時間近くお話を聞いてくださいました。
また、猫関係の陳情は15年以来初めだとおしゃりながら北村先生は、各々の団体の話を真剣にノートを取りながら聞いてくださいました。❤
北村先生、命がかかているのです。この世に生まれたからには誰だって幸せになる権利はありますよね。仲間のことを助けてください。ニャー。
宜しくお願いいたします。

500小川大使とジャンヌ1
実は今回の訪問が実現したのは、小川元大使のおかげだったのです。
猫ジャンヌと猫ジャンヌの秘書は、できるだけ多くの人と会い、動物の不幸な問題に関心を持って頂けるよう頑張ってきた。
その中でも、元国会議員元チリ大使の総務省参与の小川元大使は、元国会議員元チリ大使の小川元大使は、正義感がとても強い弱者の味方。国会議員のとき、センター試験が雪など交通機関停止・家族の不幸などの理由で受けれなかった受験生のための予備日テスト(正式名称は不明)が、同じような試験内容を2つ作るのは大変という理由から役人は廃止にしようとしていたそうだ。 小川大使は一年棒に振ってしまう生徒のことを思い強烈に反対し、結果廃止にする案がなくなったそうだ。
またチリの大使時代も現地のチリを助けることも多くしたそうです。
ウキペディア小川元大使http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E5%85%83

北村先生と小川大使 アップ400
小川大使はそのような正義の味方、極悪な犯罪者でさえ死刑が論議されている中、猫ジャンヌの仲間たちが何も悪いことをしていないのに、虐待・行政による殺処分されてという状況を不憫に思い、今回、元国会議員日本獣医師会顧問・日本獣医師政治連盟委員長の北村先生とお会いできる機会を作ってくださり実現しました。
小川大使、本当に有難うございます。(猫ジャンヌ、、、涙、、感無量です、、)

500記念撮影 DSCF2863

北村先生、小川大使、鶴田様、大沢様、井上様、佐藤様、O様、お忙しいところ、猫のために有難うございました。
今後もよろしくお願いいたします。
ロビイスト猫ジャンヌダルク



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ジャンヌアップ 赤坂ピースワンコ350

猫ジャンヌからのお願いです
シェルターをやっているところは、日々の動物たちのご飯代、医療費、高熱費他諸々が毎日かかって大変です
上記の各団体のURLのホームページの中には、寄付の口座番号も記載されています。
是非寄付をよろしくお願いいたします

またどこもボランティアの人手不足で大変です。「私なんか役に立つのかしら、足手まといにならないかしら。」など躊躇する必要はありません。動物を助けたいというお気持ちがあればいいのです。是非いらして下さい。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク
memechanblog@yahoo.co.jp

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
猫 里親 千葉
認定特定NPO法人 猫達の幸せを守る会
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR