猫ジャンヌの小さな活動のご報告 猫ジャンヌから区長へのお手紙

猫ジャンヌの小さな活動のご報告 猫ジャンヌから区長へのお手紙


111Clipboard01.jpg
ジャンヌが多くの政治家の方とお話をして気が付いたのは、悲しいけど動物問題って先生方にとっては小さな問題だった。だって私たちって投票権もなければ口もきけない。声をあげられないから伝えられない。
でも本当は、政治家の先生方は、子供のころから思い出して頂くとほとんどの方が動物を飼ったことがある。または今も飼っているとのことでした。

だから、ジャンヌは皆さま方に猫が直接お願いすることで、動物と一緒にいて幸せだったことを思い出してもらい、脳裏のどこかにジャンヌのメッセージが残ってもらえればと思い、お写真のお礼とお願いを添えてお送りした。

2014年9月末で6区長様とお会いした。(10月中旬現在で12名半数)そこで、先々週こんなお礼状をお送りした。
神様、ジャンヌのメッセージが区長様の心に届きますように。

500区長さまへのお礼状とお願い

上段左:目黒区青木区長(右側)
上段右:品川区濱野区長
中段左:中央区矢田区長
中段右:港区武井区長
下段左:世田谷区保坂区長
下段右:新宿区中山区長
(お会いして頂いた順)

お写真ありがとございました。
宜しくお願いいたします。

ロビイスト猫ジャンヌダルク
(ロビイストとは、意見を政治に反映させるために政党や議員、マスコミ、更には世論などに働きかける専門家のことです。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
猫 里親 千葉
認定特定NPO法人 猫達の幸せを守る会
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR