消防署は動物のためでも出動してくれます。猫ジャンヌは直接聞きました。

消防署は、ペットの味方です ❤
猫(動物)も助けてくれます。
動物のことでも、出動してくれます。
緊急の事態は、躊躇せず消防署(119番)に救出をお願いしましょう。


繧「繝・・DSCF2335+-+繧ウ繝斐・_convert_20140622055114
猫ジャンヌは、この夏お祭り巡りをしていました。
お祭りは火を使うので、消防署が待機しています。
そこで海外のニュースで、よく消防署が猫を救出した記事を見るので、日本でも猫(動物)を救出をして頂けるのか、2ヶ所の消防署で猫ジャンヌが直接聞いてみました。

500DSCF4438.jpg

両方の消防署で「ペットも家族の一員ととらえて救出します。」という答えを頂いた。
ペットは助けるそうだ。とりあえず、ペットでありさえすれば助けるそうだ。
ペット、、、だけ、、、、 ジャンヌは元捨て猫、、外の子は? ジャンヌのお父さんはまだ外にいます。

DSCF2239.jpg

この辺を疑問に思いネットで検索をした。
以下、小学生の面白い書き込みがあった。
うちの近所で用水路脇の細いパイプに野良の子猫がハマって出れなくなっていた時
親が消防署に電話で相談したら「飼い猫じゃないと出動できない」って言われたよ。
で、ご近所さんが「うちの猫がパイプにはまった」って別口で電話してなんとか助け出してもらうことができた。

というように、飼い猫(飼い犬)なら助けてくれるとのこと。

この小学生の隠れた親切なメッセージ(子供からのアドバイス)を見落とさず、外の猫(動物)を助けたいと思った時は○も方便とのことで、
「うちの猫(動物)が、今緊急を要する事態になっています。救助お願いします。」と言ってください



考えるジャンヌ
(考えるジャンヌ)
とりあえず、納税者の家族(ペットも家族)は、動物でも助けてもらえます。
逆の解釈ですと、野良猫には救助の手は差し伸べられないようです。

日本の仕事の現場、組織の中の特に事務系の方は、処理する仕事が完全にできて当たり前というものを求められます。100点で当たり前、90点でミスがあるね仕事が遅いねとの評価です。営業の部門のように目に見える貢献を表す機会がないから、他人の失敗などを非難し自分を引き上げるしか自分の存在価値を認めてもらえないと感じている人が多いようで、ほとんどの事務系の職場には人の非難が飛び交っています。
ですから、飼い主のいない猫(野良猫)の為に出動したとなるとその方が非難されてしまうかもしれません。
ご記憶にありますか?やさしい交番の方が、このままだと殺処分になってしまうからと仔猫を放してあげたら、大ニュースになった事件を覚えていらっしゃるといますか。悲しいけどそれが現状です。


語りかけるジャンヌ
消防士さんって、皆さんお優しく人の役に立ちたい救助したいという方々です。猫・動物に対しても同じ気持ちを持っていらっしゃるかと思います。
ですから、この猫私に○をつけと言うのかとお思いでしょうが、このような日本の社会構造です。

早く助けないと外の猫の命が危険な状況のときは、「119番、うちの猫が、、、」で、是非お願いいたします。
目的は命を助けることです。よろしくお願いいたしますニャー。
(お優しい消防署の方も暗黙の了解で引き受けてくださると思います。)

2014年8月9月 猫ジャンヌのリサーチ報告


追伸
素晴らしいものを見つけました。
こちらは例外です。なんと、宝塚市西消防署は、井戸に落ちた野良猫を救出したことを、公式HPで記事にしています。そして、、、「消防の本来の業務は「人命救助」でありますが、小さな尊い命を救うことができ、通報者の方にも安心していただけました。」と書いてありました。小さな尊い命と書いてくださっています)涙。
宝塚市西消防署様有難うございました。ジャンヌは感激です。
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/?PTN=ofc&OOM=2&ofcd=03020000000000&Regid=3475
しかし、落ちがありました。誹謗中傷をする人対策でしょう。「人が転落しているかもしれないと考え活動していた隊員も安堵の表情です。」のコメントがありました。やはり、大義名分は必要なようです。



ちなみにこちらは、海外の消防署が猫を助けたニュースの記事です。
アメリカ・カリフォルニア州で、火災が発生した家へ突入した消防士が子猫を救うという感動の話がありました。この一部始終をとらえた消防士のヘッドカメラの映像です。救助される子猫を15分もかけ諦めず蘇生を頑張ってくれたそうです。日本もこうなることを祈っています。
http://commonpost.info/?p=72173



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

有益な情報ありがとうございます

初めまして。
今まさに、私のバイト先でも、隣の工場から仔猫の鳴き声がしていて、屋根の隙間から落下してしまって出られない状態みたいで、消防に電話したが、夜中だし工場に勝手に入れない事もあり、断られてしまい、三日も経つので仔猫の安否が心配されています。
宝塚のように、地元の消防が、動いてくれたら良いのですが・・・。
カテゴリ
プロフィール

猫 ジャンヌダルク

Author:猫 ジャンヌダルク
 新聞に出ました、日本初国会に入ったロビイスト猫のジャンヌダルクです。猫・動物を取り巻く環境は厳しい。運がよく優しい飼い主に恵まれた子たちはいいが、それ以外の子は、捨てられ、飢えと虐待、そして殺処分と本当に悲しい一生を送っている。
 元捨て猫ジャンヌダルクは、猫好きの秘書とこの問題に取り組み、できるだけ多くの専門家の方々にお会いしお願いし、改善案を模索し救済方法を見つけます。また多くの政治家ともお会いし関心をもって頂けるようお願いしていきます。
 そして最終的には『ジャンヌがお会いした著名人たち』という本を出版し、その売り上げで赤ちゃん猫の孤児院を作りたい。行政で殺処分されているのはほとんどが赤ちゃん猫、里親会に出せるまで育てば仔猫だと里親が見つかる可能性が高い。しかし3時間おきのミルクあげができず処分されている。
 ジャンヌはがんばります。応援よろしくお願いいたします。先日ある政治家にお願いしましたらアクセス数はと聞かれました。アクセス数が必要です。頻繁に見て下さい。また知り合いにも紹介してください。
 また、みなさま、何か良い案などありましらメールをください。
よろしくお願いいたします。ジャンヌダルク
memechanblog@yahoo.co.jp

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
猫 里親 千葉
認定特定NPO法人 猫達の幸せを守る会
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR